プロジェクト2020で効果を実感!英会話教室よりもプロジェクト2020

みなさんは英語を習得したいと思いますか?
グローバル社会となった現在、仕事などでも英語を使う機会が増えてきました。
そのせいか、様々な英会話教室や英語教材が宣伝されていますよね。

そんな中で、日本やアジアの国々で活躍しているサチン・チョードリー氏の英語学習が今話題です。
その名も「プロジェクト2020」!

中学レベルの英語さえできていれば、ネイティブにもちゃんと伝わる英会話を身につけることができるそうですが…こういった英語学習教材は、費用が高いものが多く不安ですよね?

気になっている方・興味はあるけど迷っている方のために調べてみました。

プロジェクト2020について

創設者:サチン・チョードリー氏とは?

サチン・チョードリー氏が動画の中で講師も務めています。
サチン氏は母国のインドで大富豪として有名な人物であり、日本を含めたアジア各国でも精力的に活動中で、ビジネス関係の成功法などの書籍が話題になりました。
日本のテレビ番組にも何度か出演していますので、知っていたという方もいらっしゃるかもしれませんね。
そんなサチン氏がこの画期的な英語学習を生み出したのです!

これまでの英語学習への考え方が変わる!

サチン氏のおこなっている英語学習では、中学レベルの1500語程度の単語&30個の文法を覚えることで「海外旅行レベル」、さらに60個の文法で「日常英会話レベル」の英語力を身につけることができます。
勉強範囲が少なめに制限されていますので、どこから手を付けていいのかわからない・英語が苦手な方にもおすすめです。
限られた知識で効率良くネイティブにもきちんと通じる表現方法を学べます。

また、プロジェクト2020では、「英語に慣れることが大事」だということを教えてくれます。
まさに習うより慣れろという感じです。
では、慣れるために何をすればいいのか?
英語に慣れるために必要なこと…それは、英語をインプットしながらアウトプットすること。
このふたつを学習の中にバランスよく取り入れることで、あなたも自然と英語に慣れることができます。
ちなみに、海外留学をした人が英語を身につけやすいというのは、このインプットとアウトプットのバランスがよい環境にいるおかげです。

プロジェクト2020では、動画を見て英語をインプット&アウトプットして身につけていくことになります。インプットが得意な方は多いですが、アウトプットが苦手と言う方が日本人には多いので、英語を口に出して話すアウトプットも積極的に頑張りましょう!

さらに、プロジェクト2020のLINEにも登録することで、動画で気になった質問・疑問に答えてくれる手厚いサポートもあります。
わからない所をそのまま放置せずにすむので、より理解が進みますよ。

全4回の動画を見て、楽しく英語を身につけていきましょう!

プロジェクト2020の料金は高い?

さて、いざプロジェクト2020に挑戦しようと思っても、そのくらいの料金が必要なのかが気になるところですよね。
英会話教室・英語教材などに必要となる料金について、皆さんがイメージするのは結構高い金額ではないでしょうか?

確かに何かを学ぶためには、必ずお金がかかります。
英語はもちろん、料理も音楽も塾などでも、料金を支払うのが一般的ですよね。

…ところが!
プロジェクト2020の場合、高い料金を払わなくても全4回の動画を無料で受け取ることができます!!

内容は英語を話せるようになるための教材なので、何度も動画を見ることで英語が身についていきます。
無料とは思えないクオリティだと好評なので、興味のある方はぜひお試ししてみてください。
もちろん先ほど紹介したLINEでのサポートも、無料で受けられるのでご安心ください!

もしも挑戦したけど自分に合わずに挫折してしまったとしても、無料なのでまったく損はしません。
気軽に挑戦できる英語学習です。

さいごに

英語の習得のためには、英語に慣れることが大切です。
耳で聞いて、口に出して話す。
信じられないかもしれませんが、この繰り返しが最短で英語が身につく方法なんですね。

英語を必死で勉強したのに挫折を味わった方でも、プロジェクト2020で効果を実感できたという方は多くいます。
「こんな短期間で英語がここまで身につくなら、もっと前にプロジェクト2020に出会いたかった!」などと悔しがる声もあるぐらいです。
ネイティブにも通じる実践的で使える英語を短期間で効率よく身に着けるなら、プロジェクト2020がもっともおすすめと言えるでしょう。

しかも高い料金が必要なく、無料で配信されている全4本の動画でしっかり学ぶことができるので、このチャンスを逃すわけにはいきませんよね!
興味のある方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました