英語学習はまず基本を身に付けることから

初心者で英語の勉強を始めるときには間違った方法で勉強している人も多いです。
一生懸命に勉強に取り組んでいるつもりでも、なかなか英語力が上達できない人というのは、非効率な手順で勉強をしてしまっている可能性があります。

効率的に英語を勉強にするためには、以下の手順で勉強を進めるのがおすすめです。

基礎をまずは身に付ける

英語の基礎を身につけるというのは英語を勉強するえではまず避けて通れないものです。
英語の基礎はスピーキング、リスニング、ライティング、リーディング力を支えるうえで非常に重要なものです。
まず最初にこの土台をしっかり固めておくことで、英語をスムーズに身に付けることができるのです。

この土台を固めるうえで、ボキャビルは重要です。
英語を学ぶ上で最も重要になってくるのが語彙力です。
この語彙力をあげるには、ボキャビルトレーニングにしっかりと取り組むことが重要です。

語彙不足では相手に何も伝えられません。
また、文法の勉強もとても非効率になります。
ボキャビルというのは最初に初心者が取り組むべき勉強方法です。

文法とリスニング力

基本文法とは、文章を作る際に守るべきルールになります。
基本文法を理解していなければ文章を読み解くというのも、書くこともできないのです。
英語力を上げる上での土台を作り上げるには基本的な文法を理解するのが重要です。

基本文法と英単語を身につけたら、次にリスニングです。
英会話をする上で聞き取りできなければ相手の言っていることもしっかりと理解できないのです。

日本の学校英語教育においては読み書きの学習に重点をおいていることが多いです。
そのため、リスニングが不足してしまいがちになります。
また、日本特有のイントネーションで習っているので、英語本来の音を出すネイティブな発音に弱くなります。

ネイティブの発音で聞くと意味が理解できない、ということは非常に多いです。
英語を話せるようになるには、本来の英語の発音を聞き取ることが第一です。
そういったことからも、リスニング力をつけることは非常に重要な学習なのです。

スピーキング力をつける

リスニング勉強によって情報を取り入れることができるようになったら、次は情報を発信するトレーニングが必要になります。
日本人が英語を話せない原因というのはアウトプットの少なさとも言われています。

折角知識として身につけた単語や文法であっても、相手が聞き取れる発音を発信していなければ意味がありません。
第二言語習得の効率をより高めるためにもアウトプットするというのはとても重要なトレーニングなのです。

コメント